隠れた名所、William Morris Gallery

 09,2016 19:32
ロンドンはこの1週間ほどで、突然夏になりました(笑)。

その前までまだコートが手放せなかっただけに、待ちゆく人もTシャツの人からダウンジャケットを着ている人までバラバラの日々がしばらく続きました。

この前日まで、結構寒かったので私も、季節を間違えたいでたちで、ジャケットにブーツを履いてしまっていました。

待ち合わせ場所に来た彼は超、身軽な春の服装で、笑いながら「どうしたの?寒いの?」とからかって来ました。

この日はWalthamstowにある、 William Morris Galleryに行って来ました。このギャラリーの裏はLloyds Parkという、綺麗な公園で、
天気のいいその日は家族連れでにぎわっていました。

せっかくいい天気だったので、公園でしばらく過ごしてから、ギャラリーを見ることにしました。

fc2blog_20160509192355633.jpg

William Morrisと言えば、特に、V&Aのグッズなどにも使われている模様のデザインが有名ですよね。このギャラリーはMorrisが幼少時代過ごした家。

Morrisは非常に裕福な家庭で育ち、一生を通して、本当にやりたいことをどんどん進めて、才能を存分に発揮できた人で、いわゆるあまり、苦悩とは縁がなかったような人の様です。まあ、人生、色々なことはあっただろうとは言え、オックスフォード大学に行き、その後は友達と事業を立ち上げ、最愛の人と結婚し、大きな家を建て、ロンドンのOxford Streetに店を持ち。。。説明を読んでいると本当にうらやましい限りでした。

fc2blog_20160509192411d4c.jpg

でも、彼のデザインは、現代でも通用するモダンなデザインで、その影響力を考えると、この才能は何事にも邪魔されず発揮されなければいけなかったのかな~とも思いました。

小さいギャラリーですが、内容も興味深い超おすすめスポットです。

因みに…彼氏はオックスフォードの出身なので、Morrisの大学時代のところを私が読んでいるときに、彼を呼んで、「Morrisってオックスフォード大学だって」と、Morrisが通っていたカレッジの絵を指さして言うと、「ああ!エクセターカレッジなんだ!僕、昔、ここのカレッジのキッチンでバイトしてたよ!ちょうど、この窓!」 と言って爆笑。Morrisが通っていたのは1850年ごろ。その頃からある建物が現在も普通に使われている、と言う当たり前の様で、不思議な感覚、これってイギリスならではの歴史を感じさせられます。

☆最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。以下のリンクにポチしていただけるととっても励みになります!!ありがとうございます☆
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts