Hampstead Heathと、幽霊パブ、The Flask

 05,2015 20:49
先日は、彼と幽霊パブに行こう、って事になり、色々検索をした結果、HighgateのThe Flaskと言うパブに行くことにしました。

私は怖がりながら、怪談話とか大好きで、ついつい、テレビの怪奇特集など釘づけになってみてしまうタイプ。去年は、同じく怪談話大好きな友達のCちゃんと、The Grenadierと言うパブに行ったのですが、特に怖い印象もなく、残念だったのですが。
このThe Flaskと言うパブには、スペイン人のバーメイドの幽霊をはじめ、カバリエ(昔の、皇室を援護した兵隊)の制服を着た幽霊、そしてニワトリの幽霊(笑)もでるとのこと。せめてニワトリの幽霊でもみたいね!なんて、彼と話していました。

会った時間は、まだ若干明るかったので、まだパブに行くには早いので、その前にHampstead Heathを散歩しました。この日もかなり冷え込んでいて、丘の上は非常に寒かったですが、ロンドンを見下ろして景色を楽しんだ後、Kenwood House に向かいました。


Kenwood Houseの前からの眺めはとっても美しいのですが、これって、この家のもともとのオーナーが、丘の形などを変えてまで景観を整えたそう。ガーデニングといってもスケールがでかい!この当時の金持ち、地主などの金持ちレベルは違いますね。

このころにはうっすら暗くなってきていたので、写真が今一つですが。



だんだん寒くなってきたので、パブに向かうために歩いていると、こんな看板が。
ここからは男子禁制。と言う看板!「なに?これ~~!」ちょっとエキサイトしてしまった私。



ここはなんと、Swimming Bath(pond)。つまり女性だけの水泳用池。夏でもイギリスで野外で水泳はあまりしたくないけど。でもちょっと面白そう。夏になったら行ってみようかな?こんなものがあるなんて、私は18年イギリスに居て、知りませんでした。




そうして、やっとパブに到着。これがパブの外観。幽霊出没期待大の雰囲気です!

パブに着いた頃にはすっかり体も冷え切ってしまっていたので、、温かい、ムルドサイダー(ムルドワインのサイダー版)をまず一杯。サイダーは因みにリンゴから作ったお酒です。これを飲んだらすっかり体も温かくなりました。



心霊写真を撮るべく、あちこち写真を撮っておきましたが、う~ん、異常なし。

せめてニワトリでも!と思ったのですが。またまた残念。

因みに帰りのバスで座った後ろの席に前の人が残したフライドチキンの骨が!ニワトリの怨念か?とかまたアホアホな事をいいながら帰りました。

どうもイギリスの心霊スポットには今一つおどろおどろしさがない~。それもそのはず、イギリスでは幽霊スポットには人が集まるのです。みんな幽霊を見てみたいのです!日本は全く反対ですよね。

幽霊事情も国それぞれ、です。


☆最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。以下のリンクにポチしていただけるととっても励みになります!!ありがとうございます☆
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts