がんばれ!日本人!

 27,2015 21:57
日本の様に、教育がちゃんと充実してて、文化も非常に洗練されていて、道徳も行き渡っている、こんな国ってあんまりないと思います。

020250.jpg


日本は、国としても素晴らしい成功をしている国であり、特に、企業としてとか、グループワークを特に、得意とする国かな、と思ったりします。それは日本人は、協調性が優れているからであり、素晴らしい事であると思います。

他の国の人から、日本人のイメージを聞くと、「日本人で嫌な子に会ったことないよ~」なんて、優等生的イメージも強いです。

今、MBAのプログラムを受けていて、イギリス在住の、外国人たち(ブラジル人、ロシア人、ナイジェリア人、メキシコ人などなど)と接していて、彼らの在英年数などを聞くと、在英18年の私に比べるとまだまだ短い人が多い。そう考えると、「私が在英5年時代、この積極性や自信はなかったな~」なんて思います。今も私は自信はないけど、ゆっくりながら今のなけなしの自信を築くまで私は18年かかり(泣)、彼らは私よりずっと早く、この国でビジネスを立ち上げたいと思い、それをする自信をもうすでに築いているのです。

これは私個人であり、他の人はもっと早く、自信を築いた人もいっぱいいらっやると思います。私は意外となんでもスローなんで。

ただ、同世代の友達としゃべっていると、やはり、インターナショナルな場所では、「でも英語上手じゃない事に引け目を感じる」って言う人もいまだ多いのが現状。しかも彼らの英語は決して下手じゃないのに。もちろん私も、1対1だと、決しておとなしいタイプではないのに、グループでディスカッションとなると、自分の意見をどこで切り出すか、タイミングを逃したりすることが多いです。

起業しよう!と言っているMBAのメンバーの中には時々、「今、あんたの言ったこと意味全然わからん~~~!」なんてことも多々(笑)。それでも彼らには自信がある。

文法どおりしゃべってない?意味わからへん?あたりまえやん、だって外国人やもん!

私が今、強く思うのは、私たちの後の世代の日本人たちにはインターナショナルな場で、もっと遠慮せず、積極的に主張したりすることを恐れない様になってほしい、って事。

もちろん日本の良さとか、大和撫子的な、美しい奥ゆかしさとか、それも大事だけど、インターナショナルな場になると、それが損する結果になることもあります。

私は今、MBAの中で、紹介された面白そうな人には誰よりも先に予約を入れて会いに行きます。

みんな、

「洋子、もう彼女に会ってきたの?日本人は仕事早いねえ~~」

そう来たか。

真っ先に行くことで会う人にも印象を強く持ってもらえます。そして、「みんなには内緒だよ」と言って、エクストラの特典をいただいたことも多々。例えば、一人につき2時間のセッションが契約上、決まりだけど、あと1時間内緒でしてあげる!とか。

先手を取ることってとっても大切な時があります。先手を取ることで可愛がってもらえることも多々。インターナショナルな場所では意外とそういう事が多い気がします。

だから奥ゆかしい日本人を、時には、仕事の早い日本人に切り替えて行けば、日本人の国際的な成功者ももっともっと、増えていくのでは?と思います。

偉そうなことゆうて私、まだ全然成功してまへんけど(笑)。

☆最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。以下のリンクにポチしていただけるととっても励みになります!!ありがとうございます☆
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts