コーチングその2...失敗を笑う

 24,2015 21:20
さて先日ダニエルとのコーチングの事を書きました。

この時に話した、もう一つの事。

それは失敗に対する恐怖。

これは誰にだってあること。面接、プレゼン、試験、なんでも一発勝負のような時、頑張ってイメトレしたってやっぱり恐怖が勝ってしまう時があります。
74b7910bbe8f98936b48fa3756aabb23_s.jpg

面接中に、色々これを聞かれたらこう答えよう、とか用意してても、不意を突かれて慌ててしまって支離滅裂になってしまったり、プレゼンの途中でふと、「あれ?どこまで話したっけ?」と頭が真っ白になったり。

その時にどう対応するか?そのアクションプランについて話し合いました。

人はなんで、それらの恐怖にはまってしまうのか?それは、あたかもそれが「最後のチャンス」「チャンスはこれしかない」「失敗したら後がない」と思ってしまうところに原因があるのです。

ダニエルは先日聞きに行った講演会について話をしました。

その日、何人か講演があったそうですが、ある女性がステージで最初の5分くらいまでは順調に話していたのですが、突然、パワーポイントが動かなくなりました。彼女は少し焦った感じにもなりましたが、しばらくコンピュータを触ってどうにもならないと思ったら突然にっこりと笑って、「まあこういう事はありますよね。」とするっと切り替え、それをジョークに変え、パワーポイントなしでプレゼンを済ませました。

ダニエルは、「パワーポイントがなくなってからの方が、彼女の言っていることをしっかり覚えてるし、ほかの講演者より断然彼女の方が印象的だった。トラブルがあったから、ではなく、彼女の切り替え、そして笑い飛ばしてしまったことにみんな感心したのよね」

確かに、その面接や、プレゼンが本当に自分が欲しくて仕方がないような機会のためのものであったら確かに、そこで大ピンチを迎えたとしたら...考えただけでも恐ろしいですよね。

でも、もし、そんな窮地に立たされたとしたら...笑う!とりあえず、笑い飛ばしてみる。

誰だって完璧なんて求めてない。むしろ、完璧な答えが返ってきた人との面接と、完璧じゃないけど、ふとその人の人間性が垣間見える面接だとしたらどちらが印象に残るでしょう?

ダニエルと話していて、ふと心が軽くなりました。

アクションプラン2。。。失敗しそうになったら、笑い飛ばしてみる!

☆最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。以下のリンクにポチしていただけるととっても励みになります!!ありがとうございます☆
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts