コーチングその1...日本人アクセントコンプレックス

 14,2015 20:48
先日は、MBAのプログラムから紹介された、ビジネスコーチ、ダニエルとスカイプセッションをしました。ダニエルはカナダ人で、ビジネスでしょっちゅう、カナダとイギリスを行き来しているそう。

お話しした日は、彼女はカナダから。

今回主に話したことはPitch対策(人前でプレゼンする時の対策)。

まずはしゃべり方に対するコンプレックス。もちろん外国人であればそれぞれの国の人特有の外国人なまりがあります。日本人は日本人で、特有のなまりがあります。私も、自分がしゃべっているのをビデオで見ると、もう耐えられないくらい恥ずかしくて、そのことを伝えました。

「もちろん、洋子には日本人特有のなまりはあるわよ。でも、カナダ人の私から聞いてると...変な言い方してごめんね、でも凄いカッコいいのよ。ほんとに!ジャパニーズブリッツ!日本語アクセントのイギリス英語なのよね。凄く特別感があるわ。」

う~ん、そんな風に言ってもらったらちょっとうれしい。

e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_s.jpg


たしか、彼氏にも一度、ネイティブじゃない私の英語聞いてて、イラついたりしない?って聞いたことがあります。その時彼が言ったのは「君が日本人であるって事なんて正直普段会ってて、意識したこともないよ。むしろ忘れてしまってて、時に僕がしゃべっていて、君が「それってどういう意味?」って聞いて来た時に初めて「あ、そうか、彼女はネイティブじゃないんだ!」って気づいて「ごめんごめん!」、って思うよ」と言ったのを思い出しました。

ダニエルにも似た質問をしてみました。すると

「もし、洋子が、片言の日本語を話す人が一生懸命何かを洋子に伝えようとしていたら。。。 どう思う?」

うん、確かに!イラつくどころか、何とか理解しようとするでしょう。

これらのコンプレックスとは外側から与えられるものではなく、多くの場合は自分が勝手に作り上げてる場合が多いって事に気が付きました。

アクションプランその1:日本人アクセントコンプレックスが出てきたら...一生懸命伝えようとしている人にイラつく人なんていない!ジャパニーズブリッツはカッコいい!と思う(笑)。

☆最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。以下のリンクにポチしていただけるととっても励みになります!!ありがとうございます☆
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts