ロンドンで寿司たらふく!そして。。さらにリベンジ!

 15,2016 05:26
少し前、フェイスブックで友達T子さんが尋常じゃない量のお寿司を食している様子をアップしているのを見て、「これって一体どこ?」と思わず鼻息荒く聞いたのがきっかけで、同じくコメントしたHさんが、今回はオーガナイズをしてくれて、3人で、このロンドンで希少価値な「美味い!」「安い!」お寿司を食べに行くことになりました。

このお店、あんまり宣伝はしていないようで、知る人ぞ知る存在の様ですが、ロンドンの高級寿司レストランにお魚を卸しているとのことなのでネタはハイクオリティ。シェフも気さくで、優しそうな方。

fc2blog_201608150523435c3.jpg

T子さんはこの店に来る目的はほぼ「トロとはまちを食べまくる」と言う事。私もよく似たお寿司の好み。トロとはまちを惜しげなく食べれるって正直今までロンドン(まあ、日本でもそうですけど)ではありえなかった話。最初からお寿司ばかりだと、すぐお腹いっぱいになってしまうので、Hさんのアイデアでお刺身の盛り合わせからスタート。そしてその後、この日最初のトロ、はまちを食したのですが、何と、この日はこれ一回きりで、トロが売り切れ。これにはT子さんと私は言葉が出なくなるほどのショック。

それでもこの日はたらふく食べまくったのですが、心の中では「トロリベンジ」を固く決心したのでした。

そしてその数日後、お寿司の話を聞いてジェラスしていた彼と、一緒にリベンジに。
彼はもともとそれほど日本食とかを知っていたタイプの人ではないのですが、最近は外食しようか、と言う事になると必ず「日本食がいい」と言うほど、日本食にどっぷり。照り焼きとか、ラーメンの様な、多くの外国人が好きなものよりも、うどんとか、お豆腐とか、あっさりしたものが好み。寿司のネタで、今まで食べた中では特にはまち、マグロ、トビウオなどが特に彼が唸って食べていたものでした。

私は、今回、彼にこの店のウナギを是非食べてほしかったのでした。と言うのは、ここのウナギ、これまでの人生で、それほどウナギファンではなかった私が、もう一回食べたい!と思ったほど美味しかったからです。あとは、希望すれば炙りもしてくれるので、彼の大好物のマグロを炙ったらおそらく唸るであろうと思っていました。

結果、予想通り。ウナギは目を白黒させながら喜んで食べ、トロも、炙りマグロもすべて美味しいと感動していました。
しかし彼は、お箸の使い方がまだまだ。お皿の上でネタとシャリがどんどん破壊され、他のネタと混じったりして、「ちらし寿司かいな!」と突っ込んでしまいたくなる状態。お家ならもう少しましな気がするのですが、外食だとまたなぜかぎこちなくなる様子。

fc2blog_20160815052359334.jpg

やはり、日本人は、ことお寿司となると、胃袋5倍になるのですが、その辺はまだ慣れないのか、彼はすぐお腹いっぱいに。私はまだまだイケる感じだったのでさらに注文し続け、トロのリベンジも果たしました。

家からも近いし、行きつけになること間違いなし!ローカルのイギリス人たちもサクッと入って食べて帰ってるカジュアルさも良い感じ。

行きたい人、いつでも声かけてね!私はいつでも行きまっせ~~!!

☆最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。以下のリンクにポチしていただけるととっても励みになります!!ありがとうございます☆
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts