遅れましたが...ギター王子様 in ロンドン!!!!

 12,2015 04:05
色々アップすることがあって、遅れてしまいましたが、私のギター王子様、ジョニーマーのロンドン公演に行って来ました。

o0480064113469752366.jpg

彼氏にも、「あれ?この間、オックスフォードまで行って観てきたばっかりじゃない?」と笑われましたが。

そうなんだけど~~~年に2回は観ておきたいのですよ~~。やっぱ彼のギターを聞くとハートがお花畑になるのです。

でも、今回ちょっとビビったのが、ジョニーの息子、ナイル!

o0480064113469754135.jpg


オックスフォードでの公演の模様はこちら

オックスフォードはツアーの初日でした。

その時は特に特筆することはなく、う~ん、まあ親の七光りというか、がんばってね~って思う程度だったんですが、このロンドン公演、場数を踏んだ彼は、別人の様に腕を磨いていました!!正直、恐れ入りました。もちろん父親からの英才教育もあるだろうけど、やはりギターは技術よりセンス。マーちゃんだってThe Smiths時代、技術が素晴らしいと言うわけではなく、完全に独自性でずば抜けていたわけで、そう思うとまだまだ若いナイル君、結構いい線行く可能性ありかも!

あとはもう少し歌唱力かな。でもギターのセンスは凄い上がった!毎日、レジェンドである、父親の音を聞きながら、きっと切磋琢磨したんだろうな。がんばれ!ナイル!

そう、そして私の王子様。


やっぱりマーちゃんが音を出すともう、世界が変わるのです~!

o0500037513469758246.jpg

今回も親子でThe PrimitivesのCrashを共演。

o0500037513469758247.jpg


今回は去年ケンブリッジで演奏した、Head Master Ritualをやってくれた~~このギターリフも大好きなのです。ビデオも綺麗に撮れました!

o0500066613469758248.jpg

The Smithsの曲をほとんどしなくなってしまったモリヤンに対して、マーちゃんは惜しみなくいろんな曲をしてくれるのがうれしい。しかもマーちゃんの選ぶThe Smithsの曲は私のツボにはまっている事が多いのです。つまりギターリフが天才的な曲たち。今回はYou haven't just earn it yet babyもやってくれた!

そうそう、あと、ElectricのGetting away with it、バーナードサムナーがボーカルのオリジナルのバージョンより、ずっとずっとマーちゃんのバージョンの方が切ない感じでキュンキュンする!ジョニーバージョンが見たい方はこちら。



そして、いつもアンコールの最後の曲になっている、There is a light never goes outのマーちゃんのバージョン。嫌いって言う人も多いけど、私は好き。

今回はビデオ、2曲撮れました~~。






How soon is it now はちょっとだけですが。。。



はあ~~~夢のような時間はすぐ経ってしまいましたが、もう、細胞全部が活性される感じがする、マーちゃんのギター!また早くツアーしてほしいです!

☆最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。以下のリンクにポチしていただけるととっても励みになります!!ありがとうございます☆
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts