若くあり続けるには...!恋するのだ!Rideのライブ!

 12,2015 04:00
私のギターの王子様はジョニーマーです。

でも実は私にとって、もう一人ギターの王子様がいるのです。それは、RideのAndy Bell!!!

Rideは90年代を代表するギターバンドの一つ。

忘れもしない、1993年のReading Festival。大学3年生の夏。英語もろくにしゃべれず、右も左もわからないのに、夏休みにロンドンにほぼ、行き当たりばったりの一人旅に出ました。若さって凄い。

1993年のレディングフェスティバルの衝撃は凄かったです。聞いたことがないような轟音、でも美しいギターの音。私はAndy Bellの虜になりました。(ちなみにその後、彼らが来日して、大阪厚生年金ホールで彼らがプレイしたとき、早く会場に着いた私は、彼のおそらくいまだに妻である彼女と会場の前の公園でいちゃついているのを目の当たりにしてたいそうショックを受けました(爆&涙))

その後、Rideは解散。それはAndyのわがままからでした。彼は自分が作った曲以外をプレイするのを拒んで、ほかのメンバーと決裂。

その後彼はソロを出すけどそれも長く続かず、その後、あのギャラガ―兄弟のバンド、OASISの「ベーシスト」として参加。

その段階で私は彼に落胆。もう見捨ててしまっていました。でも、何の因果か、彼がOASIS時代、来日公演時に、私は里帰りで関西空港に着き、バゲッジリクレイムで、アンディーと偶然会ったのです!衝撃だったけど、でも彼に落胆していた私は彼をじっと見つめて、彼も自分が見られているのに気づいて私を見たのですが、私はきっと昔なら「アンディ!写真撮って!サインして!」って言ってただろうに、そのまま目をそらしてしまいました。

まさか彼がこの時の事を覚えていたとは思えないけど。(1997年ごろ。マンチェスターで、彼のソロ当時。アンディーかわいい~~~~!)

o0300046413456489627.jpg


長くなりましたが、そんな長い経緯の後、今年、Rideが再結成をアナウンス! アンディー!あなたのギターが聞きたかったのです!!!!そして、前のブログでも書いた、ヴィクトリアパークで公演。この時もCちゃんと一緒に行き、二人ともなんだかウルウル涙を浮かべたのでした。ツアーをやったら、絶対また行こう!と話していたのでした。

そして今回はブリクストンアカデミーで公演。

メインシンガーのマークはやっぱり絶対帽子を取らなかった(ハゲ疑惑)。アンディーもサングラス取らないまま(意味不明?)。

アンディベルは、私の「男の好み」を作ったと言っても過言ではありません。私の理想像は「背がひょろっと高くって細くてイケメン!」。

o0500037513456514780.jpg

o0500037513456516016.jpg


今はCちゃん曰く、「アルバートさん(from キャンディーキャンディー)」ですが。

でも奏でる音は昔と変わらない。この音が聞きたかったよ!!!アンディ!

音楽は最強のアンティエイジング!また大好きになったよ!アンディ!

2曲撮ったと思ったら3曲も撮ってた!大好きなTime machineと、Vapor trailが撮れてご機嫌♪
ビデオ見直したら、アンディばっかり撮ってる私。ごめん、ほかのメンバー様。







☆最後まで読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。以下のリンクにポチしていただけるととっても励みになります!!ありがとうございます☆
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts